クリニコでは様々な病院食を製造している|身体のことを考えた食品

food

食を通じて笑顔を届ける

見た目や栄養バランスにも優れています。クリニコは介護食として人気です。安心して食べられる食事をお届します。

クリニコは、介護食や病気の人向けの各種機能性食品を販売している会社です。腎臓病や糖尿病などの病気になると、様々な食事上の制限があり、食事の準備が大変になります。また、そういった病気にかかっていなくても、年をとると嚥下能力が低下してくるため飲み込みにくい、食事から十分な栄養をとることができないといった問題が出てきます。ですが、そのための専門の食事をきちんと準備するのはかなり大変です。そのようなときに、クリニコの製品を利用すると、介護する方も楽になり、介護される方も様々な食事が楽しめるようになります。ただ、注意したほうがいいのが、いきなりすべてを置き換えないようにするということです。一気にすべて変えると、本人の気持ちがついていかず意欲が落ちてしまうおそれがあります。少しずつ取り入れるのがお互い長続きするコツです。

クリニコの製品は、そのまま食べてもいいですが、アレンジを加えることでさらに楽しむことができます。クリニコのホームページには、季節折々の製品アレンジレシピも掲載されているので、参考にしてみると食卓に華やぎが出ておすすめです。介護食や病食はつい作りやすいものに偏りがちになり、季節感が演出しにくくなってしまうという欠点がありますが、そうした欠点も解消できます。介護や病気の療養をしていると季節のイベントに疎くなりがちになり、生活のメリハリが低下してくるので、そうした意味でもチャレンジしてみるとお互いにいい気分転換になるでしょう。そこまで凝ったことをしなくても、盛りつけを工夫してみたり、家にある食材と和えたりするだけで変わってくるので工夫してみるのがおすすめです。

大手食品メーカーの宅配食

doctor

クリニコは森永乳業が開発した介護食です。飲み込む力が弱い方や、栄養がうまく摂れない方向けの商品となっています。それ以外の固形食が食べられる方には向いていないので注意が必要です。商品を選ぶ際は、かかりつけ医やクリニコに相談して最適な商品を求めると安心です。

読んでみよう

まずはお試しセットから

elderly

クリニコは、森永乳業グループの病態栄養部門として、介護食、リハビリ食などに強い会社です。食べやすさ、味のバリエーションの豊富さ、栄養面に考慮された商品が多数見られます。大手食品グループの厳しい管理体制のもと、品質から物流まで安全性が確保されていることが特徴です。

読んでみよう

利用しやすく進化する病食

man

少子高齢化が進み、クリニコの介護食のような、病食の需要が高まってきています。注意点は成人向けということと、シリーズごとの目的に合わせて選択することです。目的に分けられているので、選択しやすい点も特徴といえます。一般で販売されてきた商品に近いものも多く、親しみやすさが特徴です。

読んでみよう

Copyright©2015 クリニコでは様々な病院食を製造している|身体のことを考えた食品 All Rights Reserved.